Online Registration Form

【GGR/FFI国際会議】デジタル時代のプロパガンダ・偽情報・影響 ―グローバルな影響範囲、リージョナルな課題/【GGR/FFI International Conference】Propaganda, Disinformation and Influence in the Digital Age: Global Reach, Regional Challenges

受付期間: 2022-11-04~2022-12-05

偽情報とその影響力 -グローバルな影響範囲、リージョナルな課題

【日時】

2022年12月3日、9時30分〜16時00分

【開催場所】
一橋大学国立キャンパス マーキュリーホール(マーキュリータワー7階)

【言語】
英語(必要な場合日本語への同時通訳あり)

【背景】
過去10年間、非民主的な国家やマイナーな政治的グループは、民主的価値に有害な方法で人々に密かに影響を与える努力において、管理されておらず、自由に利用できるソーシャルメディアを使用してきました。2016年(およびその後)のロシアによる米国選挙への干渉は、オンライン上での議論がいかに安易に操作可能かを示しました。新型コロナウイルスのパンデミックの際、世界保健機関はオンラインで広がる「インフォデミック」、すなわちソーシャルメディアや国家が管理する報道機関を通じて配信される、虚偽、陰謀論、ねじ曲がった事実を含むプロパガンダ、偽情報、誤報について警告し、パンデミックに対抗する仕事をより困難なものにしたと言います。ウクライナの事例は、長年にわたり虚偽のナラティブで一国を標的にした歯止めのないネット操作の問題を浮き彫りにしました。
一橋大学は、日本をターゲットとした中国の関与について革新的な研究成果を上げており、地域社会におけるオンライン偽情報やプロパガンダの影響力について理解を深めるべく、現在、ノルウェー防衛技術研究機構上席研究員と共同研究を行っています。この会議では、日本とノルウェーの研究者が一堂に会し、この分野における最新の研究成果を発表するとともに、議論を行います。

【プログラム】
9時30分:イントロダクション:ノルウェーと日本の研究
     開会のご挨拶:インガ・M. W.ニーハマル駐日ノルウェー王国大使
     アーリル・ベルグ(ノルウェー防衛技術研究機構上席研究員;一橋大学法学研究科客員研究員)
     市原麻衣子(一橋大学法学研究科教授)

9時50分:影響力の地平線 -影響工作研究
     ベレン・カラスコ・ロドリゲス(情報レジリエンスセンター主任研究員)
     レア・ビョルグル(ノルウェー防衛技術研究機構)

10時45分:影響工作における国家主体
     トビアス・セーテル(ノルウェー国防軍司令部・幕僚大学)
     エリー・ヤング(フリーダムハウス、中国・香港・台湾担当リサーチアナリスト)

12時15分:昼休み

14時00分:サブナショナルな影響力 -努力に見合うか?
     ルネ・ラファエルセン(元キルケネス市長)
     TBD(沖縄関係者)

14時30分:影響工作に対抗できるか?
     中谷昇(セーファーインターネット協会副会長)
     スティーン・ステーンセン(SCAMプロジェクトリーダー)

16時00分: 終了

【主催】
グローバル・ガバナンス研究センター、ノルウェー防衛技術研究機構

----------------------------------------------------------------------------------------------------

Propaganda, Disinformation and Influence in the Digital Age: Global Reach, Regional Challenges

[Date and Time]
December 3, 2022, 9:30--16:00 (Doors open 9:00)

[Venue]
Mercury Hall (7th floor of the Mercury Tower), Kunitachi campus, Hitotsubashi University, Tokyo

[Language]
English (with Japanese-English translation when necessary)

[Background]
In the past decade, non-democratic states and fringe political groups have used unmoderated, freely available, social media in efforts to influence people covertly in ways that are detrimental to democratic values. Russia’s interference in the US election in 2016 (and later) showed the ease with which online debates could be manipulated in this way. During the Covid-19 pandemic the World Health Organisation warned of the “infodemic” that spread online: propaganda, disinformation and misinformation that was distributed through social media and state controlled news outlets with falsehoods, conspiracy theories and twisted facts that made the work of countering the pandemic more difficult. Finally, the case of Ukraine has highlighted the problem of unchecked online manipulation that targets a country over many years with false narratives.
Hitotsubashi University has done groundbreaking work on Chinese influence efforts targeting Japan and are currently collaborating with a visiting researcher from the Norwegian Defence Research Establishment to expand our understanding of the effects on online disinformation and propaganda in local communities. This conference will bring together Japanese and Norwegian researchers to present and discuss the latest research in this arena.

[Program]
9:30 Introduction: Norway and Japan research
        Welcome address by H. E. Inga M. W. Nyhamar (Norwegian Ambassador to Japan)
        Arild Bergh (FFI/ Hitotsubashi)
        Maiko Ichihara (Hitotsubashi University)

9:50 Horizons of influence operations research
        Belén Carrasco Rodríguez (Senior Investigator, Centre for Information Resilience)
        Lea Bjørgul (Norwegian Defence Research Establishment)

10:45 State actors in influence operations
        Tobias Sæther (Norwegian Defence Command and Staff College)
        Ellie Young (Research Analyst for China, Hong Kong, and Taiwan, Freedom House)

12:15 Lunch break

14:00 Subnational influence: worth the efforts?
        Rune Rafaelsen (former mayor, Kirkenes)
       TBD (from Okinawa)

14:30 Can we counter influence operations?
        Noboru Nakatani (Vice-President, Japan Safer Internet Association)
        Steen Steensen (leader of SCAM project)

16:00 End of the program

[Hosts]
Institute for Global Governance Research; Norwegian Defence Research Establishment
受付期間外です。
戻る